このページの情報は
2017年5月30日9時14分
時点のものです。

【送料無料】INDOBORD FLO SETインドボード フローセット

【送料無料】INDOBORD FLO SETインドボード フローセット

人気ランキング :
定価 : オープン価格
販売元 : Active Family NET SHOP
発売日 :

価格 商品名 納期
13,392円 【送料無料】INDOBORD FLO SETインドボード フローセット

サイズ:デッキ 700×375mm、FLO直径 340Φmmセット内容:デッキ×1 フロー単品×1、HOW TO DVD×1、3点セットINDOBOARDとは•アメリカのハンター・ジョスリンが設計したバランストレーニングボードです。•シンプルで、安定しており、ユーザーフレンドリーに使いやすく作られました。•基本的な手順と支えがあれば、誰でも乗り始められます。•10?15分の練習を行えば、その後Indoboardライディングをマスターでき、楽しめるでしょう。Indoboardの歴史1975年、ハンター・ジョスリンによる最初の試作品から始まり、30年のスパンでIndoboardは開発されています。サーファーのための陸上トレーニングツールとして開発されたIndoboardは、当時から、数多くあるサーフィンシミュレーターを上回っていました。Indoboardを使用したユーザーたちは、エンターテイメント性の高い体験をしながら、脚力とインナーマッスルの強化が得られるとの声を寄せていました。1998年、ジョスリン氏はIndoboardの本格的な販売を開始します。ブランド力を高め、会社ウェブサイト、流通販売チャンネルを開発し、サーフィン、アウトドアスタイル、スノーボード、フィットネス、関連するトレードショーでIndoboardを展示してきました。Indoboardは1998年9月、フロリダ州オーランドのサーフExpoでの発表により、正式にビジネスを開始したのです。Indoboardが目指すものIndoboardの目標は、体のバランスをコントロールする楽しさとチャレンジの方法を紹介することです。バランスはとても簡単で当然のことと思われがちですが、人間の動きは、バランスと調整に依存しています。フィットネス意識のこの新しい時代には、バランストレーニングは、ボードスポーツのみならず、インナーマッスルを利用するすべての身体活動において、特に重要なのです。Indoboardを地面から離れさせることは、まず最初のゴールであり、次への挑戦です。Hunter JoslinIndoboardを開発したハンター・ジョスリン。彼は40年以上のサーフィン経験を生かして30年以上INDOBOARDを開発しています。彼は常にバランスに情熱を注いできました。ハンターは熱心な水泳選手でした。サーフィンが流行し始めた11歳の頃、手作りのバランスボードで初めて陸上トレーニングを体験します。このバランスボードは大きな長い長方形でしたが、水泳クラブの選手たちは乗るのを楽しみ、誰が一番長い時間バランスを保っていられるか競い合ったといいます。60年代のサーフィンブームは、1965年、ハンターを直撃しました。サーフィンのとりこになった彼はあらゆるチャンスを見つけてはビーチに繰り出し、10代を過ごしました。ある日彼はプールサイドに自家製のバランスボードが捨てられているのを見つけました。そしてそれをマスターすることに費やしたのです。彼は水泳練習の後、宿題をしながら毎晩バランスボードに乗り続けました。歩道で、ガレージで、彼は時間を重ね、練習を続けたのです。ハンターのバランスボードは熟達し、新たなトリックやマニューバーを習得していきました。ハンターは、友人たちが実際のサーフィンに費やしていた時間よりもずっと多くサーフボードに乗っていたのです。結果は彼のサーフィンに明らかになりました。ハンターは1973年、Lower Eastside Surfboardsでサンダーとポリッシャーとして働き始めました。ウレタン製の車輪が出始め、スケートボードがスポーツとして再流行しはじめると、ハンターはスキムボードと同様にスケートボード、バランスボードの製作を開始しました。そして、彼がローラーのついたスキムボードを開発したのがIndoboard設計のきっかけでした。より広いデッキで、より安定ドライブを安定させ、運動範囲を拡げる。実験は何時間にも及びましたが、彼は楽しんでこなしました。1976年、ハンターは特許研究と、商品の合法性やコンセプトについて独学するためにワシントンD.C.へ旅立ち、バランスボードを市場に出す可能性を考えました。結果彼は、その時はタイミングでないと決断し、サーフィンとスケート ボーディングの努力を続けました。ハンターはその後、スケートボードに熱中します。ウェストパームビーチで彼はシムズ東海岸スケートボードチームを作り、カリフォルニアから頻繁に旅行して最新のスケートボードの流行を東海岸にもたらしました。シムズチームのメンバーはフロリダのスケートボード大会を総なめにしていました。ハンターは活動を続ける中、これらのイベントを発表するコツをつかみ始めました。1978年。ハンターはひと月のうち2週間はカリフォルニアを出ており、スケートボードの製作に没頭する一方、スケートボード誌のための記事を多数書いていました。そして1979年、ハンターはラリー・バートルマン、デイン・ケアロハ、ルイ・フェレーラとともにオーストラリアへ旅立ち、チーフコックやボトルウォッシャーとして働きながら、世界屈指のサーファーたちと素晴らしい波を体験したのです。この時期はハンターの生活の中で極めて重要な期間となりました。彼が今も続いているプロサーフィンの世界で持続的な関係を形成できたのはこの頃です。1983年、ハンターはフロリダのイェンセンビーチのプロサーフィン大会でマイクを取りました。彼の放送スタイル、個性と存在感はプロサーフィンのMCとしてヒットしました。現在まで、彼は、カリフォルニア、オーストラリアなど各地で150以上のイベントMCを行っています。様々な経験をしながらも、彼は熱心なサーファーであり続け、世界的なロングボーダーになっていました。そして伝説的なドナルドタカヤマ・ハワイアンプロデザインのチームメンバーと認められたのです。90年代後半、ハンターは彼が本当にしたい熱情は、楽しく、多彩な機能のより良いバランスボードを設計し、製作し、市場に出すことを追求することだと決心しました。研究開発期間は9ヶ月に至り、多数のデッキとローラーの試作品が作られ、テストされました。1998年秋、Indoboardバランストレーナーが完成し、商標登録されました。バランスボードの新しい時代が始まったのです。

四万十市・幡多の宿
楽天トラベルで宿を探す
じゃらんで宿を探す yado
↓↓サーフィンの宿↓↓
サーフィン 四万十市
サーフィン 黒潮町
サーフィン 土佐清水市
サーフィン 大月町
サーフィン 宿毛市
↓↓四万十の宿↓↓
サーフィン 高知四万十市黒潮町土佐清水市 大月町宿毛市
このページのトップに戻る
このサイトはアマゾン、電脳卸のウェブサービスによって実現されています。
Supported by 楽天ウェブサービス